カテゴリー別アーカイブ: 愛人

32歳独身女性書店員の愛人契約白書

私は大学時代に同じ学部の同級生だった男性とお付き合いをしたのが私の唯一の異性との交際でした。
大学2年生の時に彼に処女を捧げて彼とは毎日の様に彼が当時住んでいたコーポの部屋の中でセックスをしました。
しかし、大学4年生の時に彼の浮気が原因で私達は別れてしまい、私は私が大学4年生だった22歳の時から31歳まで一度も男性とセックスを行う機会が無かったのです。
9年間セックスを行わなかった私は徐々に欲求不満状態になってきてしまい、31歳の時にその欲求不満がピークに達してしまった私は、1年前に利用したイククルという出会い系サイトで知り合った33歳の公務員の男性と会う約束をして実際に出会い、その日の内に男性とセックスをしたのです。

33歳の公務員男性の彼は今から1年前にインターネットの出会い系サイトで彼が「愛人契約を結ぶ事が出来る愛人募集」というタイトルで書き込みをしていた人でした。
1年前の当時私はセックスを行ってこなかった期間があまりにも長すぎたせいでその反動でとにかくセックスをしたい衝動に毎日駆られていたのです。
私は愛人募集の書き込みに「愛人契約を希望します」という返信の書き込みをして彼とのメールでのやり取りがスタートしました。

私がメールで「愛人契約を希望します」という内容の返信をしてすぐに彼から返信があり、私達はメールのやり取りを始めてから2日後に幹線道路沿いのファミリーレストランで会う約束を取り付けました。
そしてその日に実際に彼は待ち合わせ場所に車で現れ、私達はファミリーレストランで軽い食事を摂った後に2時間ほどドライブをして県内にある海辺のラブホテルに向かいました。

海辺にあるラブホテルに到着して彼と私はラブホテルの室内に入り、ソファに座ってこれからの愛人契約についての詳細を話し合いました。
条件面で折り合いがついた私達はその日の内に激しいセックスをラブホテルの室内で行いました。
彼は私のアナルを愛撫してくれて、私は彼のがちがちに勃起した陰茎を私の女性器とアナルの両方で受け入れました。
彼は激しく私を攻め、最後は彼がアナルの中に射精してその日の第一回目の愛人としてのセックスを終えたのでした。