作成者別アーカイブ: aquickstudyonline

出会い系でのセフレの作り方

前の彼氏と別れた時に言われた言葉がすごく引っかかってるんだよね。
「出会い系でのセフレの作り方なんて、お手のもんだろ。また次の男、漁れば?」って。
いや・・・まぁ、この発言で理解する人も多いだろうけど、確かに別れる原因になったのが、私が出会い系やってたことなんだよね。
別に出会い系でのセフレの作り方として、やってたわけじゃなくてね。
その当時、彼との関係がダレてるっていうか、刺激がなくなったと言うか、まぁ、テンション下がり気味だったのね。
それで、出会い系でちょっと自分に対する刺激ということで、新しい男性とやり取りはしてたの。
「可愛いね」とか「色っぽい」みたいな言葉を言われると、女ってテンションあがるじゃない?
彼氏に抱かれていても他の男から『エロい体』って言われたの思いだすだけで、気持ちのノリ方が違うじゃない?
出会い系でセフレを作る
誰かに見られてるわけじゃないんだけど見られている緊張感が蘇るというか。
恋人同士のマンネリ倦怠期を乗り越えるために、出会い系やってたの。
これも私と彼とのその先のためなんだよ?
だけど、彼にバレて、彼にそう説明したけど、理解してもらえなくて。。。
出会い系でのセフレの作り方なんてお手のもんだろ!というセリフに繋がっていくわけよ。
いや、スマホに入ってるLINEのやり取り、全部見られちゃったからね・・・言い訳もできなかったわけ。
やり取りしてるだけ、会ってない、会うつもりもなかったと言い訳したけど、通用しなかったなー。
まぁ、自業自得と言えばそうだけど、気持ちが下がってたというのは私だけじゃなかったのかもね。
割り切り
人妻との不倫

乳首舐め

この間なんて、一時間近くも乳首舐めさせられた。
別にいいよ?乳首舐めが好きなんだろ。俺だって、気持ち良くしてあげたいと思うから、してあげてるわけだし。
だけど、一時間は長すぎだよね。ちょっと乳首から離れた場所を舐めると、「いや!」って俺の顔を乳首に戻すのよ。
最初は、そういうのも喜んでたけど・・・いつまでも乳首から離れられないっていうのも、俺としてはつまんない。
それにさ、乳首舐めだけしてても、こっちは生殺し状態のままじゃん。
もっと積極的に下半身の方に攻め入りたいわけよ。
それで、乳首舐めながらクリも同時に右手でクリクリしてたら・・・
セフレの作り方を覚えて2人の男性から乳首開発をされる
その右手を女が胸に戻すのよ。
「下の方は気持ち良くないの?」って聞いたら、「そこはまた後で!」って。
確かに、俺ら、付き合ってるわけじゃないよ。ただ単にその時、二人してヤリたい気分だったということで意気投合しただけだよ。
だけどさ、俺、別に舐め犬じゃないし。こっちのヤリたい気持ちも考慮してくれても良くない?
確かにキレイなおっぱいだったよ?滑らかで形もいいし。乳首なんかピンク色しててさぁ。
ほんと、プリンみたいないいオッパイだったんだよ。
それで、俺も最初は胸中心に責めてたんだけど、テキトーなところで切り上げるつもりだったのね。
ちょちょとお遊び程度のクンニして、そのまま挿入・・・とイメージしてたんだがな。
正上位で奥奥浅浅奥奥浅浅と突いた後、そのまま体の方向を変えて、座位に変換、キスしながら女が腰を動かしてくれるタイプだったら、騎乗位にして・・・ってそこまでプラン作ってたんだけど。
乳首イキ
乳首開発

処女喪失

大学生の頃、サークルに新しく入ってきた1年生。彼女はハナ。ハナは、気配り上手でサークルはバンドという事もあって機材の準備を率先でしてくれたり、飲み物を用意してくれました。誰に対しても優しく、性格は良さそうなのに残念なのが見た目でした。ポッチャリとした体系で服装はロリキャラ。痛かった。それでも、性格はとても優しくバレンタインの時は手作りチョコをくれたり、誕生日の時にはプレゼントを私だけくれたり、俺に好意があるんだとすぐに分かりました。そして、ハナから「好きです。付き合ってください。」と、言う告白で交際が始まりました。
交際して1ヶ月後には俺が一人暮らしだったのでハナを家に招き料理を作ってくれたり、部屋を掃除してくれたり、そして初めてのエッチをした。ハナは初めてだったので痛いと言いながら終わった頃に「あなのせいで処女喪失したから、今後責任とってね。」と、その言葉に少しビックリしました。それからのハナは変わりました。
処女 喪失
私が他のサークル女子と話すと怒ります。そして、スマホをチェック。束縛強いからし、止めて欲しいと言っても決まって言う言葉が「あなたが私の処女喪失したんだから責任とってね。」でした。別に無くなってもいいだろうと反論すると泣き叫びます。その頃にはハナへの気持ちは無くなりました。
そして俺はハナに別れを切り出しましたが別れてくれなくしまいには家の前で俺が帰ってくるのを待つようになりました。もう怖くて仕方がありません。唯一の救いはもうすぐ大学卒業。それを機に引っ越すのでこの恐怖から解放されるはずだと願っています。
下着売り
プチ援