作成者別アーカイブ: aquickstudyonline

割り切り

日頃飲まない私は今日は友達と一緒にいつも以上に飲んでしまいました。その理由は彼氏との喧嘩です。私が束縛をし過ぎたせいで彼氏にキレられ喧嘩をしました。謝ればまた元に戻るはずだったのですが、不安にさせる彼氏も悪いと思ってしまい謝ることが出来ませんでした。そのせいか私は今日友達とやけ酒のように飲んでしまいました。すると隣にいた男性たちが一緒に飲もうと声をかけてきました。私たちも女2人でちょっと寂しいなと言う気持ちでもあったので、隣の男性と一緒に飲むことにしました。

相手の男性も彼女がいたためお互いに彼氏彼女の愚痴をこぼしたりして大いに盛り上がりました。そしてつまみや酒などたくさん飲み食いをしたのに男性が奢ってくれました。帰るときは友達と別々に分かれ私は1人の男性と一緒に帰ることにしました。
割り切り掲示板は美人局の巣窟だった

「今日は楽しかったよね。この後も飲み直さない。それか、割り切りでホテルに行かない。」「彼女いるのに割り切りで関係になってもいいの。」「彼女にバレなきゃ済むことだし、俺も凄くイライラしてたのが、君に会えてすごく楽しかったから割り切りでもなれたらなと思って。」私も彼と同じ気持ちでした。このまま帰るのはもったいない。でも、体の関係になるのはまずいと思い飲み直すことにしました。もちろん、その後どうなるかは分かりません。飲み直したあとホテルに行くかもしれません。その時はその時で、とりあえず2人で夜の街へ消えました。
サポ掲示板
援アカ

割り切り掲示板

学生時代に就職活動に失敗して以来、私はフリーターをしています。
親は早く就職してほしいらしく、早く仕事を決めて出て行けと、日に日に風当たりが強くなって・・・
でも私は精神的に弱いところがあるので、せっかく決めたアルバイトでも、2週間も勤めるといやになってしまい退職する、ということを繰り返していました。
そんなとき、たまたまネットで割り切り掲示板というのを見つけました。
1回エッチするだけで、2万円以上稼げるというのを知り、さっそくサイトに登録しました。
その頃、彼氏と別れて人肌寂しかったのもあるし、もともとエッチが好きなので、
「好きなことでお金がもらえるなんて最高じゃん!」
というくらいの気持ちでした。
でもそれがダメだったんです。
LINEで割り切り
何も考えずにたまたま目に付いた人と会うことになり、待ち合わせ場所からホテルへ直行。
シャワーを浴びようとしたら強引に押し倒され、口元にアレを突きつけられて、
「俺がいいって言うまでしゃぶって」
と強引に迫られました。
彼はホテルに入る前とまったく違う雰囲気になってしまっていて、私は怖くて抵抗もできず、言われるがまま、すごく大きなそれを吐きそうになりながらしゃぶりました。
最悪なことに、彼は遅漏なのか、全然いってくれなくて苦しかったです・・・
最後は彼が怒って、無理矢理ねじりこむようにアソコに突っ込まれて、後ろからがんがん突かれました。
気持ちいいというよりも痛くて苦しくて、私は目を回して失神してしまったんです。
目が冷めたときにはもう彼はどこにもいなくて、もちろんお金ももらえませんでした・・・
ホ別2
エロ垢

32歳独身女性書店員の愛人契約白書

私は大学時代に同じ学部の同級生だった男性とお付き合いをしたのが私の唯一の異性との交際でした。
大学2年生の時に彼に処女を捧げて彼とは毎日の様に彼が当時住んでいたコーポの部屋の中でセックスをしました。
しかし、大学4年生の時に彼の浮気が原因で私達は別れてしまい、私は私が大学4年生だった22歳の時から31歳まで一度も男性とセックスを行う機会が無かったのです。
9年間セックスを行わなかった私は徐々に欲求不満状態になってきてしまい、31歳の時にその欲求不満がピークに達してしまった私は、1年前に利用したイククルという出会い系サイトで知り合った33歳の公務員の男性と会う約束をして実際に出会い、その日の内に男性とセックスをしたのです。

33歳の公務員男性の彼は今から1年前にインターネットの出会い系サイトで彼が「愛人契約を結ぶ事が出来る愛人募集」というタイトルで書き込みをしていた人でした。
1年前の当時私はセックスを行ってこなかった期間があまりにも長すぎたせいでその反動でとにかくセックスをしたい衝動に毎日駆られていたのです。
私は愛人募集の書き込みに「愛人契約を希望します」という返信の書き込みをして彼とのメールでのやり取りがスタートしました。

私がメールで「愛人契約を希望します」という内容の返信をしてすぐに彼から返信があり、私達はメールのやり取りを始めてから2日後に幹線道路沿いのファミリーレストランで会う約束を取り付けました。
そしてその日に実際に彼は待ち合わせ場所に車で現れ、私達はファミリーレストランで軽い食事を摂った後に2時間ほどドライブをして県内にある海辺のラブホテルに向かいました。

海辺にあるラブホテルに到着して彼と私はラブホテルの室内に入り、ソファに座ってこれからの愛人契約についての詳細を話し合いました。
条件面で折り合いがついた私達はその日の内に激しいセックスをラブホテルの室内で行いました。
彼は私のアナルを愛撫してくれて、私は彼のがちがちに勃起した陰茎を私の女性器とアナルの両方で受け入れました。
彼は激しく私を攻め、最後は彼がアナルの中に射精してその日の第一回目の愛人としてのセックスを終えたのでした。